経済

100年企業、県内13社 目立つ「身の丈経営」

 東京商工リサーチ沖縄支店は25日、創業100年を超える県内の企業は7月時点で13社あるとの調査結果を発表した。製造業が8社を占め、うち7社は泡盛メーカー。最も歴史が古い企業も泡盛製造の新里酒造(沖縄市)で、163年の歴史を持つ。長寿企業の特徴として同支店は「伝統を守りつつ、身の丈にあった経営を行う企業が多い」と分析している。

 調査は同社の企業データベースから抽出、集計した。100年企業は全国で2万1015社あり、全企業の1%。九州・沖縄では1721社で、0・8%が創業100年を超えた。
 新里酒造は1846年に那覇市首里で創業。大戦中に休業したが、戦後事業を再開した。現在の新里修一社長は6代目で、2006年にうるま市に新工場が稼働している。瑞穂酒造も現在の玉那覇有彦社長が6代目となる。
 屋宜商店は食品問屋として長年、事業展開し、04年に不動産に専念した。久場商店は葬儀業や家庭用雑貨を手掛ける。大城織物工場は琉球かすり製造で著名。新元はタオルなど生活用品の卸小売業を営む。
 全国では創業1000年を超える企業も存在するのに対し、県内は歴史的経緯もあって長寿企業が少ないが、同支店は「大戦中ほとんどの企業が休業に追い込まれている」とも指摘している。その上で製造業の長寿企業が多い点などを挙げ、「伝統をかたくなに守り、堅実に経営する企業が生き延びているのは全国と共通している」と報告した。

【県内の100年企業】
   社名     創業年  所在地  業種
1  新里酒造   1846 沖縄市  泡盛製造
2  瑞穂酒造   1848 那覇市    〃
3  屋宜商店   1872 那覇市  不動産賃貸
4  久場商店   1876 本部町  葬儀業・雑貨
5  大城繊物工場 1877 南風原町 琉球かすり製造
6  神村酒造   1882 うるま市 泡盛製造
7  比嘉酒造   1883 糸満市    〃
8  新元     1884 那覇市  タオル・寝具販売
9  瑞泉酒造   1887 那覇市  泡盛製造
10 琉球新報社  1893 那覇市  新聞発行
11 津波古酒造  1898 那覇市  泡盛製造
12 咲元酒造   1902 那覇市    〃
13 池間漁業   1904 宮古島市 漁業協同組合