スポーツ

サッカーかりゆしFC、2010年1月末で解散

 九州サッカーリーグの沖縄かりゆしフットボールクラブは10日、2010年1月末で解散することを発表した。11日に那覇市内で記者会見を開き、與那嶺茂社長が経緯を説明する。

 解散理由について、球団は「来季以降の運営に向けて取り組んできたが、状況は厳しい」としている。解散までの1月いっぱいは、選手契約や支援の受け入れなど、トータルにクラブ活動継続の模索を続けるという。
 同クラブは1999年創部。今季は2年連続4度目のリーグ優勝を果たし、上位リーグのJFL(日本フットボールリーグ)昇格をかけて全国地域リーグ決勝大会にも出場した。天皇杯県予選ではFC琉球(JFL)を破って県代表となり、2回戦で名古屋グランパス(J1)とも対戦した。【琉球新報電子版】



関連するニュース