政治

知事、普天間辺野古移設を困難視 県内容認は変わらず

 仲井真弘多知事は29日午前の定例記者会見で、名護市長選で米軍普天間飛行場の県内移設に反対する稲嶺進氏が当選したことを受け、日米が合意した同市辺野古に移設する現行計画について「現実的に物事を進めるのは難しい。首長の理解と協力、そして納得が要る」と述べ、実現は困難との考えを示した。

 一方で、普天間基地の危険性除去の観点から県内移設もやむなしとする知事の基本姿勢について「行政実務を預かる身としては、いくつかの選択肢を持っていないと、(県外移設要求の)一本やりではどうだろうか」と述べ、考え方に変わりはないとした。【琉球新報電子版】