政治

普天間移設 政府、3月中の具体案まとめる方向で調整

 政府は2日、米軍普天間飛行場の移設先を検討する沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野博文官房長官)で、3月中に移設先の具体案をまとめる方向で調整に入った。絞り込みが困難な場合、複数案の併記も検討する。

 鳩山政権は普天間問題の決着時期を5月末までとしている。米国との協議に加え、移設先となる地元自治体の理解を得るには3月までに政府としての具体案を固める必要があると判断した。
 政府は検討委の報告を受け、与党党首級の基本政策閣僚委員会で対処方針を協議。米国の意向も踏まえ、首相が移設先を最終決定する意向だ。ただ5月までに米国が日本側の移設案を受け入れるかどうかは見通せない。
 検討委は2日夕、首相官邸で会合を開き、社民党が移設候補地に挙げている米領グアムに、近く視察団を派遣する方向で意見交換。(共同通信)