政治

「移設問題に終止符打つ」 稲嶺名護市長、就任式で抱負

女性職員から花束を受ける稲嶺進名護市長(右)=8日午前、名護市役所

 【名護】名護市長選挙で初当選した稲嶺進氏(64)が8日、初登庁し、同市役所で行われた市長就任式で「私は今回の選挙で辺野古の海に新しい基地は造らせないと約束した。名護市は普天間移設で全国的に注目されたが、早く終止符を打って、日本一のまちづくりで注目を浴びる市にしたい」と抱負を語った。

 就任式には、約100人の職員や市民が参加した。
 就任式後、市長として初の記者会見に臨み、「閣僚や首相のいろんな発言があるが、辺野古に来ることはないと思っている。首相もそう思っているんじゃないか」と期待感を示した。その上で、「辺野古に(基地を)造らせないと言ってきたので信念を貫く。市民の先頭に立って申し上げていきたい」と辺野古への基地建設反対の意思をあらためて表明した。
 県や政府との話し合いについては「早めに時間調整をし、就任のあいさつをしたい」と移設反対の意思を直接伝える意向を示した。