政治

普天間移設 社民の福島党首、シュワブ陸上案に反対の意向

 【東京】社民党の福島瑞穂党首は12日、記者団に対し、国民新党が提案を予定している米軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ陸上部への移設案について「市民、県民の気持ちからすれば、陸上案ではない国外県外(移転)だ」と述べ、陸上案に反対の意向を示した。その上で、県内のほかの場所への移設にも反対し、あらためて「国外がベスト」と強調した。

 一方、政府与党の沖縄基地問題検討委員会で社民党の提案に、国内の移設候補地の具体名を挙げることに慎重姿勢を表した。さらに民主党の案も提示すべきだとの見解も示した。【琉球新報電子版】