政治

普天間移設反対に理解求める 名護市長、知事に就任あいさつ

就任後初めて仲井真弘多知事(左)と面談した稲嶺進名護市長=16日、県庁

 稲嶺進名護市長は16日、就任あいさつで県庁を訪ね、初めて仲井真弘多知事と面談した。稲嶺市長は、米軍普天間飛行場の移設問題に直接的に言及しなかったが、「(名護市長選は)基地が争点になった。(辺野古移設反対の)スタンスは知事も承知だと思う。知事も一緒に名護市づくりのために力を貸してもらいたい」と述べ、移設反対の立場に理解と協力を求めた。

 仲井真知事は「よく情報交換、いろいろ相談しましょう」と述べるにとどめた。【琉球新報電子版】