政治

普天間の名護移設に反対 稲嶺市長、鳩山首相に県外・国外訴え

 【東京】稲嶺進名護市長は18日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官と個別に面談し、米軍普天間飛行場の移設について、キャンプ・シュワブ沿岸部、陸上部を含め名護市への移設反対と、県外・国外への移設を強く訴えた。面談で稲嶺市長は「(名護市移設反対を)民意として汲み取ってほしい」と要望。鳩山首相は「(市長選の結果は)一つの民意として重く受け止めている」と述べたが、普天間の移設先については「県民の負担軽減のために検討委員会で議論している」と述べるにとどめ、具体的な言及は避けた。

 また、稲嶺市長は両氏に沖縄振興と北部地域の振興に特段の配慮も求めた。平野官房長官は「それも頑張りたい」と答えた。
 その後、稲嶺市長は国会内で民主党の小沢一郎幹事長と面談し「(普天間代替施設を名護市に)造らせないということをもって選挙戦を戦ってきた」と報告した。小沢幹事長から普天間移設について具体的な発言はなかった。午後には前原誠司沖縄担当相と面談する。【琉球新報電子版】