社会

訓練分散移転を示唆 普天間危険性除去で北沢防衛相

 【東京】北沢俊美防衛相は12日の閣議後会見で、米軍普天間飛行場が全面返還されるまでの間にも訓練分散移転などによる危険性除去に取り組む考えを示唆した。
 北沢氏は「(普天間飛行場)の代替の施設が機能するまでは、(基地機能は)生き物のようなものので、右から左にサッと行くという話しではない。今の普天間の機能を次の施設に100%パッと移すのかどうかということも(今後の)選択肢の中に出てくると思う。部分的に危険性が除去されていく可能性も当然あるんだろうとも思う」と述べた。