政治

嘉手納ラプコン31日移管 那覇空港が管制業務

 【東京】日米両政府は18日、都内で開かれた日米合同委員会で、米軍が「嘉手納ラプコン」(米軍嘉手納飛行場内)で行っている沖縄本島上空と周辺の航空管制業務を31日に日本へ移管することで正式合意した。

政府は移管後、名称を「那覇進入管制空域」(通称・那覇アプローチ)に変更する。31日午前0時からは、同空域に出入りする民間機や米軍用機の管制業務を那覇空港内の施設が行う。
 米軍が1945年の沖縄占領後、独占し続けてきた沖縄周辺の空の管制業務が72年の本土復帰から約38年、一部を残し日本に戻ることになった。嘉手納、普天間の飛行場管制空域での管制は各米軍基地が行う。
 国土交通省によると、那覇空港から離陸して約10キロの区間は、着陸する米軍機の航路と重なるため、高さ約300メートル付近までの低い空域を飛行する高度制限があり、その後、急に高度を上げなければならない。
 移管後は、上空と地上の管制を日本側で行うことで米軍機の飛行状況が早めに把握できるようになる。そのため、米軍機の状況によっては高度制限を解除し、スムーズな上昇が可能になる。出発機の待機時間短縮、燃料節減も期待できる。
 前原誠司沖縄担当相は18日、記者団に対し「日米同盟関係は重要だが、日本の空を日本が主権国家としてコントロールしていくのは当然だ。那覇空港の利便性が向上することになり、大変良かった」と述べた。岡田克也外相は「在日米軍の課題はさまざまだが、日米が協力して解決策を見いだすことが重要」と移管合意を歓迎する談話を発表した。

<用語>嘉手納ラプコン
 米軍嘉手納基地内にあり、同基地から半径約90キロ以内、高度約6千メートル以下の空域と、久米島空港から半径約55キロ以内、高度約1500メートル以下の空域を、レーダー誘導と管制官の指示により管理。嘉手納基地、米軍普天間飛行場、那覇空港(飛行場管制空域を除く)、久米島空港を発着する全航空機が管制対象。「ラプコン」はレーダー・アプローチ・コントロールの略。