政治

勝連沖案反対を伝える 社民、国民新が平野長官に

 【東京】社民党の照屋寛徳国対委員長、国民新党の下地幹郎国対委員長、両党の政調会長は31日午前、首相官邸で平野博文官房長官と面談し、政府が検討している普天間飛行場移設の勝連沖案に反対する意思を伝えた。
 面談後、下地氏らによると、平野長官は「普天間の危険性除去についてどうしても早くやるべきだという認識に立って決断したい」と強調。「(勝連沖案などについて)アメリカとの交渉は厳しい。米側はまだ沿岸案だと言っている」と述べた。

 勝連沖案反対に対する具体的な回答や、31日までに政府案を取りまとめるとしていた当初方針に関する言及は特になかった。
 平野長官はまた、面談でうるま市議やうるま市の漁業関係者と会って意見を聞いたことを明らかにしたが、詳細については触れなかった。
 面談で照屋氏は平野長官に勝連沖のサンゴ礁の写真を示し、「勝連沖案を実施すれば生きているサンゴが死滅することになる」と批判。それに対し平野長官は「こんなに美しいサンゴがあるのか」と述べたという。【琉球新報電子版】