政治

仲井真知事、シュワブ陸上案と勝連沖案に反対を表明

 仲井真弘多知事は31日、県庁で衆院外務委員会の鈴木宗男委員長らと会談し、政府が米軍普天間飛行場移設先に検討しているャンプ・シュワブ陸上案と勝連沖案について、反対の意向を表明した。

 反対理由として、陸上案は「(現行計画より)民家に近くなる」、勝連沖案は「過去に何度も候補に挙がったがだめになった話」と述べた。その上で「県民の県外移設への期待はなお高まっている。ぜひ実現してもらいたい」と述べた。【琉球新報電子版】