政治

県内、徳之島移設案を伝える 普天間で鳩山首相

  来県した鳩山由紀夫首相は4日午前11時すぎ、米軍普天間飛行場の返還・移設問題をめぐり、県庁で仲井真弘多知事と会談した。移設先をめぐり、鳩山首相は「すべてを県外でということは現実問題としては難しい。できれば、沖縄の皆さま方にご負担をお願いしなければならない」と述べ、全面的な県外移設を断念する意向を伝え、県内移設への理解を求めた。国外移設については「海外という話もなかったわけではないが、日米の同盟関係、近隣諸国との関係を考えた時、抑止力という観点から難しく、現実には不可能だ」と明言した。移設先選定をめぐる迷走を念頭に、首相は「沖縄の人々におわびしたい」と陳謝した。

  一方、高嶺善伸県議会議長との会談で、首相は「沖縄にも徳之島にも率直に普天間の基地移設の協力を願えないかとの思いで来た」「埋め立ては極力避けるべきだという議論が政府の中でも出ている」と語った。
 首相は、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し、沖合の浅瀬にくい打ち桟橋(QIP)方式で代替基地を建設する案と鹿児島県徳之島への一部機能や訓練の移設を検討していることを明らかにした形だ。
 仲井真知事は先月25日に開かれた同飛行場の県外、国外移設を政府に求める県民大会に触れ、「県外移設実現を期待する県民の声が高まっている、県民の声を真しに受け止め、危険性除去に取り組んでほしい」「(最低でも県外との)公約に沿った満足、納得いく解決策を示してもらいたい」と述べ、県外移設を追及すべきだと伝えた。知事は「過重な基地負担の軽減は県民の願いだ」と、米軍訓練水域の返還なども求めた。
 首相は午前9時すぎに自衛隊機で那覇空港に到着した。糸満市の国立沖縄戦没者墓苑を参拝した後、県庁に到着。仲井真知事と会談し、県外への全面移設を事実上断念したことを伝えた。
 午後には宜野湾市内のホテルで県内の基地所在市町村長と意見交換し、基地の過重負担について声を聞いた後、普天間第二小学校で普天間飛行場を視察した。市民との対話集会にも臨んだ。【琉球新報電子版】


仲井真弘多知事(右端)と会談する鳩山由紀夫首相=4日午前、沖縄県庁(代表撮影)


琉球新報