政治

民主党、知事選で自主投票 県連代表と党幹事長が確認

知事選へ自主投票の方針を民主党本部と確認したことを明らかにする喜納昌吉県連代表(中央)=26日、国会内

 【東京】民主党県連の喜納昌吉代表ら幹部は26日、国会内で岡田克也党幹事長と会談し、11月の県知事選挙への対応について、独自候補擁立を断念し自主投票とする方針を確認した。

米軍普天間飛行場移設をめぐる政策で一致しなかったことが要因。特定の候補者の支援を禁止する拘束はかけない。来週の党本部での方針決定を受け、県連も自主投票の方向で決定する。併せて県連は政策についての要望を政府に反映させる仕組みとして、党本部との間に新たに政策協議機関設置を要望、岡田幹事長は了承した。【琉球新報電子版】