政治

翁長氏「リンク論は姑息」 閣僚発言に憤り

 那覇市の翁長雄志市長は7日、知事選後に政府閣僚から「沖縄政策協議会で普天間問題を議論すべきだ」との発言が相次いだことに対し、「いわゆる『リンク論』が発せられたことは大変な違和感を覚え、強い憤りを感じる」と不快感を示した。同日の市議会定例会で糸数昌洋氏(公明)の質問に答えた。

 翁長市長は「先の知事選では、基地か経済かという矮小(わいしょう)化された議論を乗り越え、県民の心を一つにすることができた。こうして示された県民の総意は重く受け止められなければならず、またもや県民の心を引き裂こうとする姑息(こそく)な『リンク論』こそは、強く非難されなければならない」と述べた。
 その上で「これまで本県が背負ってきた過去とその役割を踏まえれば、新しい沖縄振興は、ほかの何にも結び付けられることなく、国の責任の下確実に手当てされなければならない」と沖縄振興策の正当性を訴え、「県民の総意がゆがめられることなく、強い覚悟で政府に向き合わなければならない」と述べた。