政治

嘉手納統合提案 官房長官、米対応次第で辺野古見直しも

 【東京】米上院軍事委員会のレビン委員長らが米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を「非現実的」として嘉手納基地への統合案を検討するよう国防総省に求めたことについて、枝野幸男官房長官は12日午前の記者会見で「少なくとも現時点で、日米両政府間には昨年5月の日米合意がある。この合意を着実に実施するという方針に変わりはない」と、辺野古移設を進める立場に変わりはないと強調した。

 ただ、枝野氏は「日米合意が現時点で有効に前提になっている以上は、こう(合意推進と)申し上げるのが当然だ」「日米合意実施に向け努力していくというのは、今日、今の時点での日本政府の考え方だ」とも述べ、今後、米政府の対応次第では日米合意を見直す可能性を示唆した。【琉球新報電子版】