政治

嘉手納統合提案 知事、実現性を強く疑問視

 米上院軍事委員会のレビン委員長らが米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を「非現実的」として嘉手納基地への統合案を検討するよう国防総省に求めたことについて、仲井真弘多知事は12日午前、嘉手納統合案について「昔から出ては消え、出ては消えしている案だ。地元の反対もものすごく強い。どうやって説得できるのか」と述べ、実現性を強く疑問視した。出張先の岩手県庁で記者団に答えた。

 特に嘉手納の騒音に関し「減るどころか、今増えているのに、普天間を乗っけたら倍以上になる。誰がオーケーするのか。ここを担保しない案は単なる思いつきだ。クリアすべき課題がいくつもある」と強調した。
 ただ「議会とはいえ、今まで辺野古にこだわってきた米側から少し柔軟性が表れ始めたという感はする。それはそれなりに注目すべきかもしれない」とも指摘。米政府や米軍などの対応を注視する考えも示した。【琉球新報電子版】
英文へ→Extra edition: relocation of Futenma Air Station unrealistic