社会

当て逃げ米兵を不起訴 那覇地検、被害者に「公務中」と説明

 今年5月に浦添市で米軍車両を運転中に北中城村の男性が運転する乗用車に追突し、そのまま走り去ったとして道交法違反容疑で書類送検された在沖米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の海兵隊員の男性(23)について、那覇地検は26日までに、不起訴処分とした。処分は22日付。地検は処分理由を明らかにしていない。被害者の男性によると、地検から「公務中を理由に不起訴にした」と説明を受けたという。【琉球新報電子版】