スポーツ

知念 攻守隙なし 県中学野球選手権 知念―北

知念―北 被安打2、無死四球の完封で優勝投手となった知念のエース島袋朝大=26日、宮古島市民球場(諸見里真利撮影)

◆島袋朝大 緩急投、打も応える
 攻守で完璧だった知念。北を抑えて初優勝を果たした。
 エース島袋朝大が最高の投球を見せた。「きょうは真っすぐが切れていた」と、前日に10イニングを投げ切った疲労は見せず、球威のあるストレートと緩い変化球をうまく使い分け、打者の的を外し北打線をわずか2安打に抑えた。三回に無死の走者を一塁に背負ったが、捕手の大田徳斗主将が強肩で盗塁を阻み、島袋朝の好投を援護。バッテリーが協力して守りきった。

 打線は三回、無死から安打で出た島袋朝を一塁に置き、1番打者の長田佳祐がバスターエンドランのサインで左翼越えの二塁打。「準決勝までなかなか当たりが出なかったが、積極性と足があるので1番で起用した。よく打ち上げずに振り切った」と瀬名波敦監督の起用と采配に見事に応えた。
 「優勝旗を持って帰ることを目標にして練習してきた。その成果がしっかり出た」と瀬名波監督。実力を発揮し、結果を出した選手たちに目を細めた。
 次は県王者として九州の頂点を目指す。大田主将は「守りからリズムをつくり、攻撃にいい流れをつなげていく自分たちの野球ができれば優勝できる」と自信たっぷりに言い切った。
(普久原裕南)



琉球新報