政治

沖縄防衛局が有権者親族を調査か 宜野湾市長選、共産追及

 共産党は31日の衆院予算委員会で、沖縄防衛局が米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選(2月12日投開票)に向けて、有権者に職員の親族がいるかを部内調査するようメールで指示していたと追及した。沖縄防衛局は同市在住職員と選挙権を持つ親族のリストを作成。真部朗局長がこれに基づき「講話」を実施した可能性があるという。

 田中直紀防衛相は「そういうことはあってはならない。事実関係を至急確認する」と約束。防衛省から職員3人を沖縄へ派遣した。
 追及した赤嶺政賢衆院議員は予算委で「沖縄防衛局が職権で市長選の有権者リストを作ったことは極めて重大だ」と批判した。
(共同通信)