政治

記述内容 高く評価 名護市長「県民の意見考慮」

環境影響評価書の知事意見提出について、報道陣に答える名護市の稲嶺進市長=20日、名護市役所

 【名護】米軍普天間飛行場の辺野古移設に係る環境影響評価書への知事意見について、名護市の稲嶺進市長は20日、「(県外移設を求める)県民や自治体の意見も考慮したと言える」と高く評価した。名護市役所で報道陣に答えた。

 日本政府に対して「知事意見が出た後に県内移設を進めるというのなら、民主主義の国、法治国家というのをやめた方がいい」と辺野古移設の断念を強く求めた。稲嶺市長は、知事意見で環境への影響や施設の運用について疑問点を数多く挙げていることを指摘。「準備書段階の知事意見にほとんど答えられていないということだ。評価書は環境アセス法の意義や趣旨を全く無視しており、取り繕うという形で作成されている」と批判した。



琉球新報