政治

首相も名護市長避ける? 就任後初来県

 【名護】野田佳彦首相の就任後初の沖縄訪問に関して、米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市の稲嶺進市長との面談の打診や調整が21日の時点で行われていない。先月と今月に沖縄を訪れた田中直紀防衛相との面談もなく、稲嶺市長は「これまで各大臣も名護まで来ていなかったので、おそらく首相も(名護を)避けて通るのではないか」とみている。

 田中氏は2回の沖縄訪問で米軍キャンプ・シュワブやキャンプ瑞慶覧、宜野湾市の普天間第二小などを視察した。名護市側によると、いずれの訪問でも市長との面談の要請はなかったという。
 市幹部は「政府は地元の理解を得ると言いながら、県知事と面談する一方で名護市をないがしろにしている」と指摘。「市長が辺野古移設に反対しているから会っても意味がないということか。名護の意見もしっかり聞いて、政策に反映させるのが国の本来あるべき姿だ」と政府の対応を批判した。
 稲嶺市長は面談の要請があった場合について、「密室ではなく、報道陣も全て前にして会うというのなら受ける」と述べた。