政治

野田首相が初来県 「辺野古移設難しい、県外だ」仲井真知事伝える

  就任後、初めて来県した野田佳彦首相は26日夜、那覇市内で仲井真弘多知事と会食した。仲井真知事は席上、日米が進める米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「辺野古移設は難しいと、県外(移設を求める)だと申し上げた」と述べ、県外移設を求める方針を伝達したことを明らかにした。また「厳しい話は、しらふの場できちんと申し上げたい」と述べたという。野田首相からは明確な回答はなかったという。

 野田首相と仲井真知事は27日朝、県庁で会談するが、野田首相は26日夕方、記者団に「普天間の危険性を除去しなければならないという中で、辺野古についての言及をする」と述べており、会談では米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を進める方針を説明するとみられるが、普天間の県外移設を訴えた仲井真知事とは平行線をたどりそうだ。【琉球新報電子版】


記者団の質問に答える野田佳彦首相=26日、那覇市内

平和の礎を訪れ、下地寛県環境生活部長から説明を受ける野田佳彦首相=26日、糸満市の平和祈念公園内

沖縄に到着し、那覇空港滑走路の増設カ所や新貨物ターミナル地区を視察する野田首相=26日、那覇空港