政治

嘉手納より南の米軍基地 外相、早期返還を困難視

 来県中の玄葉光一郎外相は24日午前、県庁で仲井真弘多知事と会談し、嘉手納より南の米軍基地の返還について「海兵隊の移転、その後の施設・機能の統合など複雑なプロセスが入る」とし、早期の返還は困難との認識を示した。仲井真知事は普天間飛行場の県外移設を求めた。

 会談後、仲井真知事は記者団に「(嘉手納より南の基地の返還と普天間移設問題を一体とした)パッケージを外すことが取り組まれたことは高く評価している。結果が出るのを待つしかない」と述べた。
 また、玄葉外相が基地の負担軽減に成果を出すことで、普天間飛行場の県内移設に県民の理解を得たいとしていることに「負担軽減で結果が出れば県民で評価する人も出てくるだろうが、それが即、辺野古の話につながるかは私が言える話ではない」と言及を避けた。
 玄葉外相は帰京前の会見で、23日夕に仲井真知事と非公式に会談した際、日米協議の内容を「率直に言うと、国会などで説明している以上の、途中段階の状況は話した」と明かし、「内々に伝えるべき方には伝え、その意見を参考に(協議を)進める」と述べた。
 玄葉外相は24日午前にキャンプ瑞慶覧を視察したほか、高良倉吉琉大教授や民主党県連幹部らと会い、翁長雄志那覇市長と昼食懇談、午後帰京した。