社会

「恋人の聖地」に乙羽岳展望台 今帰仁

審査員の桂由美さん(右端)らから銘板を受け取る今帰仁村観光協会の上間宏明会長(中央)=31日午後、東京都千代田区の日比谷松本楼

 【東京】「恋島」を眺めながらプロポーズを―。NPO法人地域活性化支援センターがプロポーズにふさわしいロマンチックなデートスポットを選定する「恋人の聖地」に、沖縄から初めて、今帰仁村の古宇利を臨む展望台「恋島(くいじま)/乙羽(おっぱ)岳森林公園展望台」が選ばれた。

5月31日、東京都千代田区の日比谷松本楼で銘板の授与式があり、今帰仁村観光協会の上間宏明会長(40)に、審査員の一人でデザイナーの桂由美さんから銘板が手渡された。
 「恋島」とは、地元で呼ばれる古宇利島の別称で長く親しまれている。古宇利島には、沖縄版「アダムとイブ」ともいえる人類発祥伝説もある。乙羽岳森林公園展望台は、今帰仁村が一望できる高台にあり、古宇利島が見える風景と展望台を含め「恋人の聖地」に選ばれた。
 上間会長は「『聖地』に選ばれた重みを実感した。とてもうれしい」と笑顔。「多くのカップルが訪れプロポーズし、結婚式までつなげてもらえるような場所としてアピールしていきたい。多くの夫婦の思い出の場所になれば」と期待した。「恋人の聖地」と書かれた銘板は、展望台に設置するという。選定は6回目で、今回を含め全国で111カ所が選ばれている。