政治

市町村に実行委 オスプレイ県民大会1週間

 8月5日に開かれる、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの配備に反対する県民大会まで29日で1週間に迫った。全市町村の首長や代表者が本大会か地区大会に参加を予定し、各市町村実行委員会が立ち上がるなど、大会への機運が高まっている。

 40市町村の首長が本大会か宮古、八重山大会に参加する意向で、当日が村長選の投票日となる今帰仁村は副村長が代理出席する。各市町村の実行委員会は29日までに20市町村以上で発足した。大会は5日午後3時から宜野湾海浜公園多目的広場で開かれる。1日には第3回実行委員会が開かれる予定で、大会決議案などが決まる。3日付琉球新報など県内2紙に、広告として切り取り式の乗合バス無料乗車券や指定駐車場の案内が掲載される。