地域

びっくり目玉 美ら海水族館に“珍”深海魚

大きな目玉が特徴の深海魚オキナワクルマダイ(美ら海水族館提供)

 【本部】本部町の美ら海水族館で、大きな目玉が特徴のオキナワクルマダイが8月末から展示されている。深海魚で捕獲される機会が少ないことから、同水族館でも初めての展示となる。

 同水族館によると、オキナワクルマダイは水深100~200メートルにすむ深海魚で目玉と赤いしま模様が特徴。太平洋の熱帯域に広く分布するが見つかることは少ない。
 展示されているのは全長約30センチ。久米島沖水深110メートルの場所で漁業者が一本釣りし、水族館に運ばれた。
 同水族館は「以前から展示目標の一つにしていたが、情報も少なく展示はおろか採集もできなかった。長期飼育を目指し生態の解明につながることを期待する」としている。

英文へ→Okinawa Churaumi Aquarium displays a rare deep-water fish



琉球新報