社会

防衛相、地位協定改定せず 閣議後会見

 【東京】森本敏防衛相は19日の閣議後会見で、米海軍兵による集団女性暴行致傷事件を受け、県が求めている日米地位協定の抜本的見直しについて、「現時点で日米地位協定を改定する考え方は政府内にはない」と述べ、改定に取り組む考えはないとした。

 森本氏は「改定することでどのような成果と効果が得られ、日米同盟全体の信頼性につながっていくのかを、トータルで考えるべき問題だ」と説明した。日本政府が取り組む対応策については「まだ詰まっていない。まずは事件を起こしたアメリカ側が再発防止のための措置を考える」と述べ、米側の再発防止策が出された後に検討する意向を示した。