地域

LINEの輪でごみ拾い うるま市新成人40人

そろいのTシャツに身を包みごみを拾う新成人たち=うるま市内

 【うるま】「お世話になった地域に恩返しがしたい」「市を盛り上げたい」―。熱い思いを胸に、携帯電話の通話アプリ「LINE」上での呼び掛けで集まったうるま市の新成人約40人がこのほど、同市みどり町の路上を清掃した。

 発案者の1人の上江洲聖也さんは「暴れるだけが若者じゃない。次につながることをしたい」と、新成人のつながりを生かした町おこしに意欲を燃やす。
 ことし1月に開かれた市成人式の実行委員がLINE上にグループを立ち上げた。式典後もLINEを通して出身中学を越えたやりとりが続き、「うるま市を人が集まる観光地にしたい。まずは掃除から」との思いから、上江洲さんは新垣達(たつる)さんらとともに清掃を企画。当日参加できない人も含め160人が資金提供した。
 40人は「進行大作戦 URUMA」と書いたそろいのTシャツを作り、竹ぼうき160本とちりとり140本を購入。あげな十字路付近の道沿いのごみを拾った。清掃後は、ほうきとちりとりを市内8中学に寄贈した。
 春休みで岡山県から帰省した大城里穂さんは「ごみがたくさん落ちていてびっくりした。道行く人から『ありがとう』と言われてうれしい」と笑顔。稲泉亮太さんは「少しは恩返しできた。今後も続けたい」と話した。
 上江洲さんは「集まって真剣な話をできる会にしていきたい。自分たちだけでなく上下の世代も巻き込みたい」と力強く話した。



琉球新報