社会

25女性団体が橋下発言に抗議 「すべての人傷つける」

橋下徹大阪市長の発言に抗議声明を出す県内の女性団体=15日、県庁記者クラブ

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が旧日本軍の従軍慰安婦を容認し、在沖米軍に風俗業者の活用を提案したことに対し、県内の25女性団体は15日、県庁で会見し、抗議声明を発表した。声明は「発言はあからさまな差別を正当化するものであり、全ての人間の尊厳を傷付ける。私たちは驚き、あきれ、また心底から怒っており看過できない」とし、謝罪と発言撤回を求めている。声明文は同日付で維新の会と大阪市役所に郵送する。

 会見で、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会の高里鈴代共同代表は「女性をだまして慰安所で兵士の性的処理を強制させた事実はちゃんとある。安保を維持するためには性のはけ口が必要で、それが慰安婦であり、現在では風俗だというのが橋下氏の認識だ。人間を深く傷付ける発言に声を上げなければならない」と訴えた。
 県女性団体連絡協議会の伊志嶺雅子会長は「慰安婦にさせられた女性の嘆きを全く意に介していない。軍隊で頑張る人に女性がこういうことをするのは当然だという認識がある。女性を道具と見ている。党代表も市長も辞めてほしい」と辞任を求めた。【琉球新報電子版】

英文へ→25 women’s groups in Okinawa criticize Hashimoto’s remarks on comfort women



琉球新報