スポーツ

女性アングラー好調

 最近は女性アングラーの活躍が目立つが、沖縄市在住の松尾衣里奈さん(22)の釣果には驚かされた。松尾さんは中学生の頃から兄の匡さんと釣りに行くようになった。

 今年になって匡さんがロウニンアジを釣ったので、衣里奈さんも釣りたいとガーラ釣りに初挑戦。時間があると毎日のように匡さんと釣行。6月10日も夕方から、読谷海岸で竿を出した。

 午後9時すぎにいきなりのヒット。竿が海面に突き刺さり、リールからものすごい勢いでラインが20~30メートルほど引き出された。ピトンにセットしたまま懸命に竿を支える衣里奈さん。ポイントは根が多いので、根をかわすようにファイト開始。しかし、経験したことのない重量感で、リールを巻き取る事はできず、竿を支えているのがやっと。竿を持つ手も、踏ん張る足もプルプルと震えてきた。

 10分ぐらいで限界になったので、匡さんに5分ほどバトンタッチ。少し回復した体力にムチを打ち、残り15分は再び衣里奈さんがファイト。今度は魚も弱ったのか、少しずつ魚が寄ってきた。フラフラの状態で足元に寄せたのは11.8キロのロウニンアジ。念願のロウニンアジを釣り上げ、うれしさが込み上げるとともに、体全体が筋肉痛のうれしい悲鳴を上げた。

 しかし、釣った感動が忘れられず、再びガーラ狙い。2日後の12日に、今度は赤野漁港で2尾目となる9.2キロのロウニンアジを釣り上げたというから驚きだ。

(おきなわ釣王国社・仲栄真修)


6月14日、那覇港で63センチ・4.4キロのミーバイを釣った菅野晃司さん

6月2日、浦添海岸で64センチ・3.48キロのタマンを釣った船道伸也さん

6月9日、与那国沖でキハダマグロ60キロとメバチマグロ30キロを釣った仲村渠房人さん(Team立釣魂、瑞宝丸)

6月9日、残波岬で62センチ・2.82キロのタマンと32センチのムルーを釣った田島司さんと快飛さん

6月9日、潮崎海岸で65センチ・3.58キロほか2尾を釣った玉城信一さん(左)と惣慶武さん

6月13日、恩納海岸で70.3センチ・4.04キロのタマンを釣った伊波雄一さん

6月4日、読谷海岸で67センチ・3.77キロのタマンを釣った池原達也さん

6月9日、西崎海岸で47センチと42センチのタマンを釣った吉浜智子さん

6月10日 読谷海岸で97センチ・11.8キロのロウニンアジを釣った松尾衣里奈さん


琉球新報
関連するニュース

家族で楽しめる糸満釣り筏

2016年6月28日 16:38

豪雨の中、ガーラ、サーラ

2016年6月14日 16:10

中城湾でボートゲーム

2016年5月31日 17:26

津堅沖でグルクンとカツオ

2016年5月24日 17:11