政治

知事「普天間の5年以内運用停止を」 沖縄政策協で求める

 【東京】安倍晋三首相と全閣僚、仲井真弘多知事が出席する沖縄政策協議会(主宰・菅義偉官房長官)が17日、官邸で開かれ、仲井真知事が2014年度の沖縄振興予算3408億円確保をはじめ、米軍普天間飛行場の5年以内運用停止、牧港補給地区の7年以内全面返還、日米地位協定の改定などを求めた。協議会で、知事は焦点となっている普天間移設について「5年以内の運用停止に取り組んでほしい」と求めたが、県外移設には言及しなかった。

 これに対し、安倍首相は「しっかり受け止める。沖縄県と連携を図りながら、最大限に実現していく」と述べた。
 協議会開催は今年3月以来。安倍政権では2回目。
【琉球新報電子版】