社会

沖縄地方が梅雨明け 平年より3日遅く

梅雨明けした26日の午前中、青空の下でカニ捕りを楽しむ子どもたち=26日午前10時30分ごろ、豊見城市瀬長

 沖縄気象台は26日午後2時、「沖縄地方は梅雨明けしたとみられる」と発表した。平年は23日ごろで3日遅い。昨年の梅雨明けは11日で、ことしは「遅い方」としている。

 ことしの沖縄地方の梅雨入りは5月5日で、平年より4日早かった。梅雨の期間は52日間だった。沖縄気象台によると、梅雨時期に関する情報は現在までの天候経過と1週間先までの見通しを基に発表する情報で、実際の経過で期日を変更することがあるとしている。
 豊見城市の瀬長島では26日午前中、青空の下、子どもたちがカニ捕りを楽しんでいた。【琉球新報電子版】
英文へ→Rainy season ends in Okinawa