経済

紅型ちょうタイ発売 ホーセル、工房とコラボ

ホーセルなどが開発した紅型のちょうネクタイとピンブローチ=8日、豊見城市

 アクセサリーを製造・販売するホーセル(豊見城市、金江新一社長)は8日、紅型工房のカタチキ(那覇市)とコラボしてちょうネクタイとピンブローチを企画・製造、新ブランド「HABERU(ハベル)」として発売した。今後贈り物としてPRし、県外を中心に事業展開していく。

 ハベルは沖縄語でチョウを意味する。贈り物が人から人へ届けられる行為をチョウが花から花へ飛び舞う姿と重ね合わせた。
 ハベル第1弾として発売するちょうネクタイとピンブローチは、それぞれ3柄があり、全6種類。ちょうネクタイは7560円(税込み)、ピンブローチは3780円(同)。初年度の売り上げ目標は1千万円。
 問い合わせはホーセル(電話)098(987)1591。