経済

独自レシピ本で県産品おいしく 3行商談会で2冊目誕生

琉銀、海銀、コザ信金の3行による沖縄の味力発信商談会から生まれた「うちなーレシピBOOK Vol2」

 琉球銀行(金城棟啓頭取)と沖縄海邦銀行(上地英由頭取)、コザ信用金庫(上間義正理事長)は16日までに、7月に3行合同で実施した商談会で生まれた県産品の独自レシピを本にまとめた。有名レストランの料理人などが考案したプロの味が並ぶ。6千部印刷し、3行の各店舗で無料で配布するほか、出展メーカーが販促材料として活用する。

 レシピ本は「うちなーレシピBOOK Vol2」で、昨年に続いて2冊目。7月4日の「沖縄の味力(みりょく)発信商談会」には県内の生産者など49社が参加。プロの料理人が出展メーカーの県産品を活用して独自レシピを考案した。
 レシピ本には、3行の頭取による座談会も盛り込んだ。商談会の担当者は「レシピ本で見ておいしそうと思った料理には、その材料も載っているので、ぜひ購入して料理を作ってもらいたい」と活用を呼び掛けた。