スポーツ

中部商、光陵―城西勝者と 糸満、佐賀学園と初戦 九州高校野球

 来春の選抜大会出場校選考の参考資料となる高校野球の秋季九州大会(第135回九州大会)は17日、組み合わせ抽選会が福岡県北九州市内であり、県代表の中部商と糸満はいずれも2回戦からの登場となった。

 沖縄県大会で準優勝した糸満は25日の第2試合(午後1時開始予定)で佐賀学園(佐賀1位)と顔を合わせる。県大会を9年ぶりに制した中部商は26日の第2試合(午前11時半開始予定)で、光陵(福岡4位)と鹿児島城西(鹿児島2位)の勝者と対戦する。今夏の甲子園に出場した海星(長崎2位)は、初戦の2回戦で九州学院(熊本1位)と対戦が決まった。聖心ウルスラ学園(宮崎2位)―八幡南(福岡3位)は、初出場校同士の対決となった。
 大会には各地区予選を勝ち上がった18校が参加。25日から30日(28日は休養日)まで北九州市民球場などで行われる。

◆守ってリズムつくる
 中部商・宮城隼人監督 相手の1回戦を観戦できるので対策を練って臨みたい。チームは打撃の調子が上がり頼もしくなってきた。県大会のように投手中心でしっかり守ってリズムをつくり、攻撃につなげていきたい。

◆挑戦者のつもりで
 糸満・上原忠監督 日時も相手も決まり、引き締まった気分だ。「勝たないと甲子園に行けない」などと気負わず、チャレンジャーのつもりで伸び伸びとプレーさせたい。まずは初戦突破したい。