政治

那覇市長選告示まで2週間 選挙戦に実質突入

 11月9日告示、16日投開票の那覇市長選は告示まで2週間に迫った。これまでに副市長の城間幹子氏(63)と前副知事の与世田兼稔氏(64)の新人2人が立候補を表明しており、一騎打ちとなる公算が大きい。両陣営はすでに事務所開きを終え、事実上の選挙戦を展開している。

 城間氏は、自民党県連を除名された市議会保守会派「新風会」や共産、社民、社大の各党が支持。与世田氏は自民、公明両党が推薦している。
 両氏ともまだ公約を発表していないが、県知事選の立候補予定者とのセット戦術を本格化させ、支持拡大を図っている。
 城間氏は翁長雄志前那覇市長(64)、与世田氏は仲井真弘多知事(75)の集会にそれぞれ出席し、相乗効果を狙う。
 城間氏は市内4地区に支部を設置した。支持政党・組合の大会や地域のミニ集会などもこなし、支持を訴えている。与世田氏は企業訪問や地域へのあいさつ回りを精力的に行っている。公明党との政策協定も25日に結び、支持拡大を図る。
(’14那覇市長選取材班)