経済

阪神モデルの帆布バッグ 宜野座村で手作り

レキオネシアが開発・販売する球団承認の阪神タイガースモデルの帆布トートバッグ。球団マークなどを刻印している=3日、琉球新報社

 帆布バッグやアクセサリーなどを製造・販売するレキオネシア(宜野座村、宮城磯乃社長)はこのほど、球団承認の阪神タイガースモデルの帆布トートバッグを発売した。同村で開催される阪神タイガースの春季キャンプを応援するほか、同村の全国へのPRも図る。

 新商品は女性向けの春夏用と秋冬用モデルと、男女兼用の春夏、秋冬用モデルの4種類。全て宜野座村の工房で手作りで仕上げている。持ち手に球団マークの刻印入りの革を使用するほか、外ポケットは虎のエンブレムプリントや英語の球団名を革にレーザーで刻印している。
 バッグの内部から水の染み出しを防ぐことによって、ぬれた物でも収納できるのが同社商品の特徴という。価格は税別9800円。同社のウェブサイトから購入できる。今後阪神タイガースの公式オンラインショップ「T―SHOP」でも販売される。
 3日、宮城社長と同社の津輕良介さんが琉球新報社を訪れPRした。津輕さんは「商品の販売を通して、宜野座という名前をもっといろんな人に知ってもらいたい」と強調した。同社のウェブサイトはhttp://store.lequionesia.asia/



琉球新報