社会

【アルゼンチン】八重瀬町系50人和やかに懇親会 「うるま園」で同志会

 旧東風平町と旧具志頭村の県系人でつくる八重瀬町同志会が4月29日、ブエノスアイレス市郊外の沖縄県人連合会所有の運動場「うるま園」で懇親会を開いた。会員のほとんどにあたる50人余が参加。合併後、2回目の開催で、気持ち良いやわらかな太陽の下で、和やかな家庭的雰囲気を醸し出す懇親会となった=写真。
 沖県連加盟の中では、一番小さい団体で、同会会長は若い2世、旧具志頭村系の上門ファン・カルロスさん。沖県連の理事でもある上門会長は週末に奥さんとともに、「うるま園」の売店や食堂でボランティアとして働くなど、県人会活動にも積極的だ。
(新垣善太郎通信員)



琉球新報