経済

大輪の花でお正月を 伊江、菊の出荷作業ピーク

正月向け切り花の出荷作業に追われる職員=17日、太陽の花、伊江花卉集配センター

 【伊江】直径15センチほどの大きな花を咲かす「輪菊」の産地で知られる伊江村では、正月用に県内外に出荷される切り花の出荷作業のピークを迎えている。

 伊江花卉共同選花組合(太陽の花)では連日、栽培農家から納品された菊の選別・梱包作業に追われている。
 同村の輪菊の出荷量は、県内の3分の1を誇る。台風の影響で、ことしの切り花の出荷量は前年の同時期に比べ、約12~13%減になるという。
 同集配センターの岸本豊センター長は「栽培農家はより質を上げて生産している。精魂込めて作った花を飾り、いい正月を迎えてください」と笑顔で話した。
(中川廣江通信員)