経済

「太陽の花」も初荷式 年間売り上げ70億円目標

初荷出発式でキクなどの集荷に向かうトラックを見送る出席者ら=3日午前、浦添市伊奈武瀬の県花卉園芸農業協同組合

 「太陽の花」ブランドで知られる県花卉(かき)園芸農業協同組合(宮城重志組合長)は3日、浦添市伊奈武瀬の同組合センターで初荷出発式を開いた。出席した輸送業者や生産者らは、キクや切り葉を集荷するため、中北部の集入荷センターに向かうトラックを見送った。集荷したキクなどは、5日の初競りに向け、全国へ出荷された。

 初荷出発式であいさつに立った宮城組合長は「肩を寄せ合い、共に難局を乗り越えて年間売り上げ70億円という目標に取り組もう」とあいさつした。
【琉球新報電子版】