政治

防衛局、申請取り下げ 土砂運搬方法の変更、承認見込めず

 沖縄防衛局は15日午前、県土木建築部に提出した米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て工法に関する変更申請のうち、承認可否の判断が残っている土砂運搬方法の変更に関する申請を取り下げた。
 防衛局は取り下げた理由として「県の理解が得られず、早期の承認が見込まれない状況だ」と説明している。内容を検討し、再度申請する方針。防衛局はこれまでに美謝川の切り替え申請についても承認の見通しが立たず取り下げている。
【琉球新報電子版】