経済

「空間体験」で中古住宅紹介 りゅうせき建設が開設

リノベーションの空間が体験できる「リノべる。沖縄」=1月30日、浦添市

 りゅうせき建設(浦添市、森敬社長)は、中古住宅やマンションのリノベーション(大規模な改築工事)事業を展開する「リノべる」(東京、山下智弘社長)とフランチャイズ契約し、県内中古物件の紹介から改装のデザイン、資金計画、工事までを請け負うワンストップサービスを3月から始める。

リノベーション空間を体験できるショールーム「リノべる。沖縄」を浦添市内に開設し、1月30日、プレオープンイベントが開かれた。「リノべる」の体験型ショールームは全国12カ所目。
 サービスはWebと実際の店舗を組み合わせた形。Webサイト「リノべる。」では、県内の中古物件を検索できるほか、好みの間取りやデザイン、ローン計算のシミュレーションができる。さらにショールームでは空間体験ができ、専属のコーディネーターが設計や資金計画などを一貫して支援する。沖縄では初年度の受注6件、売り上げ5千万円を目指す。
 山下社長は新築に比べ費用が低減できる中古住宅活用の利点を強調。耐用年数が長いコンクリート造りの戸建てが多い沖縄では「戸建て住宅のリノベーションに力を入れたい。沖縄にはブランド力もあり、移住者向けの住宅としても商機がある」と話した。森社長は「質の高い工事を提供し、顧客の満足につなげていきたい」と意欲を語った。