人事・訃報

弁護士の河上和雄氏が死去 元東京地検特捜部長

死去した河上和雄氏

 元東京地検特捜部長で弁護士の河上和雄(かわかみ・かずお)氏が7日午後4時50分、敗血症のため東京都新宿区の病院で死去した。81歳。東京都出身。葬儀・告別式は12日午前10時半から東京都港区南青山2の33の20、東京都青山葬儀所で。喪主は長男和寛(かずひろ)氏。
 東大法学部を卒業後の1958年、検事に任官した。東京地検特捜部時代にロッキード事件の捜査に関わり、83年に特捜部長に就任。佐賀地検検事正や法務省矯正局長などを歴任し、最高検公判部長だった91年4月に退官した。
 その後は弁護士登録し、テレビのコメンテーターとしても知られた。作家の三好徹氏は実兄。
(共同通信)