経済

USJ、海洋博公園近隣に建設計画 名護も検討継続 CEOが進出表明

 大阪市の米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社のグレン・ガンペル最高経営責任者(CEO)は18日、大阪市内の本社で記者団に対し、沖縄でテーマパーク建設を計画していることを表明した。規模は「東京ディズニーランド(TDL)や大阪のUSJは下回るが、大規模になる」と述べた。同氏は具体的な場所や開設時期については明らかにしなかった。一方で関係者によると、先行して本部町の海洋博公園周辺の国有地を活用して展開する方針。これまでに調査してきた名護市の「ネオパークオキナワ」の周辺での展開も引き続き検討していく。

 ガンペルCEOは「映画やテレビ番組をテーマにしたパークではない。沖縄の場所に合う物をつくる」と説明した。新たなパークの規模は「大阪以外でも(事業を)大きく成長させたい」と述べた。
 関係者によると、沖縄の自然を生かした形での新たな施設とする見込みだ。
 一方で「あくまで初期計画の段階。(新パークの計画が)うまくいくかは分からない」とも話した。広報は「CEOは実現するとは限らないとの注釈付きで申し上げた」と説明した。
 USJの運営会社はこれまで、九州・沖縄やアジアを新パークの候補地として検討を進めてきた。県内にも複数回調査に訪れ、県や名護市とも調整を進めていた。ガンペルCEOは以前の共同通信のインタビューで「国内外の複数と交渉中。名護市はその一つ」と述べていた。
 USJの沖縄進出をめぐっては下地幹郎衆院議員が、名護市と本部町、今帰仁村の3カ所で整備する計画で、年内に着工するとの説明を国の関係機関から受けたことを明らかにしている。
 翁長雄志知事は18日、USJのグレン・ガンペルCEOが沖縄進出方針を明らかにしたことを受けて「県が目標とする観光収入1兆円、入域観光客数1千万人の実現に向けて、新たなテーマパークは、美ら海水族館、首里城に匹敵する魅力のある観光施設になるものだ。沖縄観光の将来にとって大変重要で歓迎すべきだ」との知事コメントを出した。


今後の事業展開について話す、USJ運営会社のグレン・ガンペルCEO=18日午後、大阪市



琉球新報