政治

国の申し立てに反論 辺野古停止指示で県が意見書

 県は27日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画をめぐり、翁長雄志知事による海底作業の停止指示に対して沖縄防衛局が農林水産省に不服を申し立てた問題で、指示効力停止を求めた防衛省側の申立書に対する意見書を農水省へ提出した。翁長知事は同日夕、県庁で記者会見し「(防衛省の)申し立て自体が成立せず、それを認めて執行停止に至ることは認められない」と反論した。

 県は同日午後、水産庁に意見書をファクスで送信し、原本を郵送した。県は意見書の中で防衛省の不服申し立てについて「この申立制度は、国民に広く行政庁に対する不服申し立ての道を開くことを目的としている。国自体が不服申し立てを行うことが予定されていない」などと指摘し、執行停止の申し立ては成立しないと訴えた。
【琉球新報電子版】