経済

4月県内失業率8%悪化

 県統計課が発表した4月の県内完全失業率(原数値)は8・0%で、前年同月に比べて0・3ポイント、前月比でも0・5ポイントそれぞれ悪化した。完全失業率が8%台となるのは2006年7月以来9カ月ぶり。

完全失業者数は5万人で、前年同月比は変わらないが、前月と比べると4000人増加している。就業者数は57万5000人で、前年同月と比べ2万2000人(3・7%)の減少で、男性が7000人、女性が1万6000人それぞれ減少した。
 労働局が発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は0・43倍で前月と同水準となった。新規求人数は前年同月比10・4%(587人)減。