社会

ミッチェル氏に功労賞 沖縄の枯れ葉剤報道評価 特派員協会

ジョン・ミッチェルさん

 日本外国特派員協会(FCCJ)は「世界報道自由デー」の3日、「報道の自由推進賞」を発表した。五つある表彰のうち「報道功労賞」に、沖縄での枯れ葉剤問題や基地問題を追及する記事や著作が評価され、英国人ジャーナリストのジョン・ミッチェルさんが選ばれた。

「年間最優秀出版賞」は、東京新聞の原発問題、政治スキャンダルなどの調査報道が受賞した。
 報道の自由推進賞は、報道の自由が脅かされている日本で、報道の自由に貢献した記者や媒体、個人を表彰するため、ことし創設された。受賞についてミッチェルさんは「近ごろ日本では報道の自由は攻撃を受けている。ワシントンと東京がいかに不当に沖縄を扱っているか報道することを諦めないことを約束する」とコメントした。
 「調査報道賞」は、原発の安全面や業界の隠蔽(いんぺい)体質を報じた朝日新聞の「プロメテウスの罠(わな)」などが受賞した。報道の自由を促進する個人を表彰する「報道の自由の友」に、テレビ番組で官邸からの「圧力」を訴えた元官僚の古賀茂明さんらが、「殉職した英雄賞」にシリアで取材中に過激派集団に拘束され殺害された後藤健二さんが選ばれた。