政治

辺野古抗議のテント荒らす 男女の集団が乱入、市民らともみ合い

新基地反対の座り込み行動に不満を持つ集団によりいすが倒されたり、横断幕が引きちぎられたりしたテント=20午前6時50分、キャンプ・シュワブゲート前

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する市民らが座り込みの抗議行動を続けている同市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、抗議行動に不満を持つ男女の集団が19日午後10時半ごろから20日午前1時すぎにかけ、市民らが設置しているテント内の机をひっくり返したり、移設反対のメッセージなどを記した横断幕をカッターではがしたりした。

この集団により新基地反対を訴えるのぼりなども多くがなぎ倒された。 テント付近では、移設反対の市民らと反対運動に不満を持つ集団がもみあいになり、現場は騒然とした。警察車両が7台前後が到着し、警察官ら15~20人前後が駆け付けて対応したが、しばらくも複数のもみらあいが続き、20日午前1時すぎに沈静化した。
 沈静化した後、座り込みテント一体は県警による規制線が張り巡らされた。午前5時ごろ、県警の鑑識が現場に到着。午前7時半からは市民らの証言に合わせ被害箇所の写真などを収めていた。
 テントで夜間待機していた市民らは「昨夜の11時ぐらいと12時ぐらいの2度、集団がやって来た。最初はゲート前にいる警官に注意を要請したが、双方に言い分があるという理由で受け入れてもらえなかった。自主防衛しかないと考え、待機組で抵抗した。集団暴力だと思う」と話した。
 移設反対の市民によると、もみあいの中で女性1人が手の小指から血が出たり、男性1人が肩を打ち付けたりしてけがをした。
 20日午前8時現在、現場近くにはパトカーが待機し警戒に当たっている。
【琉球新報電子版】