社会

さほちゃん救う会が3359万円 のあちゃん支援、北谷でも

希羽ちゃんを支援するため寄付する子どもたち=26日、北谷町美浜

 【北谷】重い心臓病の拡張型心筋症を患う翁長希羽(のあ)ちゃん(1)が渡米して心臓移植を受ける費用を募る「のあちゃんを救う会」は25日までに、広島県で2012年、同様に寄付を募り米国で心臓移植手術を受けた菊地咲帆ちゃん(5)を支援した「さほちゃんを救う会」から募金の余剰金3359万2590円を受け取った。

 咲帆ちゃんが移植手術を受けて9月で3年たち、経過が順調であるため、同救う会は設立時に定めた規約に基づき、凍結していた余剰金の一部を寄付した。のあちゃんを救う会事務局はフェイスブック上で「受け取った支援をしっかりとつないで、元気な姿を報告できるよう頑張りたい」と感謝した。
 のあちゃんを救う会は26日、北谷町美浜の観覧車前広場で募金活動を実施した。県内で活動する歌手らも支援に駆け付けた。家族連れや若い世代を中心に通り掛かった人たちは足を止めて寄付していた。県内を中心に活動するダンスボーカルグループ「ry―moon(リュウムーン)」も募金活動に参加した。問い合わせは、のあちゃんを救う会(電話)098(860)7607。